風のまん中

アラ還夫とマイペース妻の風まかせな日々を適とーに綴っています。




クマ君が逝ってしまいました。。。 :: 2012/12/15(Sat)
19年前、近くの公園に捨てられ我が家に迷い込んできたクマ君
動物病院に連れて行き
「生後40日くらいやなぁ・・・」と
クマ君の歯を診た獣医さんが決めてくれた誕生日から数えて
19年と91日で旅立っていきました。

19年間一回もご飯を残したことがなかったクマ君が
初めてご飯を残した日の深夜でした。
ご飯を残したのは夕方でまだ病院が開いている時間帯だったのに
あの時すぐに病院に連れて行ってあげていたら・・・


悔やんでももう取り返しがつかないことをあれこれ考えてしまいます

ただ、とても穏やかに・・・眠っているような死に顔でした

もう少し生きていられたかもしれないのに・・・という心残りは消えませんが
クマ君は私たちの迂闊だったところやいたらなかったところもみんな許してくれている・・・
そう思わせてくれるほど本当に安らかで・・・柔らかないい顔でした。
最後の顔が苦しそうな顔でなかったことがせめてもの救いでした。


今、クマ君は庭でいちばん日当りのいい南東の場所で静かに眠っています。
毎年、夏に寒冷紗やヨシズでクマ君の周りを日よけしてやると
迷惑そうな顔をして日の当たっているほうに移動していたクマ君
来年の夏、このお墓に日よけをしてやると土の中でやはり迷惑そうな顔をするのだろうか・・・


カーポートの片隅に残った
スノコで作った簡易サークルはもう少しこのままにしておこうと思います。





  1. クマ君
  2. | trackback:0
  3. | comment:6




クマ君の薬箱 :: 2012/11/28(Wed)
近くの公園に捨てられ我が家に迷い込んできた日から19年が過ぎましたが、クマ君はとても丈夫でフィラリアの予防薬以外のことで病院のお世話になったことは数えるほどでした・・・


今年の夏までは。。。


最近のクマ君は足腰が弱くなり自力では寝返りを打つことも出来ず日々床ずれとの戦いです。

今ではクマ君の寝床の近くにこんなコーナーが出来ました。
DSCN2042.jpg

ガチャピンのバケツには、
床ずれが悪化しないようにとガーゼを何枚も重ねて縫った傷口に当てるパッド、傷口の大きさに合わせて縫ったクッション材、、生理用ナプキン(犬用のものより安上がりで「ピタテープ」がガーゼやクッション材がずれるのを防いでくれるので便利です)などが入っています。


年季の入った木の薬箱は長い間使っていなかった物を物置から引っ張り出してきました
DSCN2038.jpg

ブルーの霧吹きで湿らせたコットンで傷口を拭き軟膏を塗り、ピンクの消毒液で傷口の周りを消毒、その上からサランラップで覆ってやると傷の回復が早いそうです。
そして、その上から生理用ナプキンを当てガーゼを当て、
クマ君が自分で傷口を噛まないようにキルティング生地で手作りした後脚ハーネスもどきをつけて保護します。

白い薬袋に入っているのは下痢をした時に貰った整腸剤の残りです。


手当が終わった後のクマ君の後足。 DSCN2083.jpg


散歩に行くときはこうやって少し持ち上げてやると何とか歩くことが出来ています。
2012_1117_091032-DSCN1525.jpg



そしてこちらは最近目ヤニが酷くなってきたクマ君の必需品。。。
DSCN2051.jpg

ネットで「老犬」「目ヤニ」で検索したところティッシュで目ヤニをこすって取り除くのは厳禁、
水でひたひたに濡らして軽く絞ったコットンを押し当てるようにして取り除くのがいいと
見ず知らずの親切なお方が教えてくださっていました。



劇的に安上がりに出来たスノコの簡易サークルでくつろぐクマ君をパチリ
DSCN1781.jpg



と・・・
左目は目ヤニがあるから写さないでちょうだいませ・・・



DSCN1926.jpg

「こっちから撮って」ってか。。。








  1. クマ君
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




たまにはこういう事もあります :: 2012/11/23(Fri)
クマ君が珍しく夜の間にオシッコをお漏らししていました。
普段、お散歩に行かないとオシッコもウンチもしないクマ君なのですが、
たまぁに家の中でやってしまうことがあるんですぅ
しょうがない・・・19歳(人間年齢108歳)ということを考えれば、
無理もないことですよね。。。

クマクン
右下に見えている白いのはオムツではなく床ずれの傷を悪化させないようにとずっとつけたままにしている後脚用ハーネスもどきです。

幸いなことに被害は最小限にすみました、

これは普段のクマ君の寝床なんですが

クマの寝床

1番下のブルーは浴室マット、黒いのはゴム製のマット
真ん中のベージュ色のマットはコメリで¥498也で買った低反発のバスマット。
その上に床ずれの悪化防止のためのクッション類がいっぱい

コメリの低反発のバスマットがほとんどの水分を吸収してくれていて、
その下の黒マットや浴室マットは濡れずにすみました。

とりあえず濡らしてしまったものだけ水洗い。
朝からひと仕事

ハーネス洗濯
床ずれの傷口を噛まないようにずっとつけたままの後ろ脚用ハーネスもどきも被害に・・・
体を拭いてあげたクマ用タオルやお散歩用のクマシューズも一緒にシャバシャバ・・・




濡れずにすんだマットやクッション類は日光消毒ということで、
お天道さまにお願いすることに・・・お天気のいい日でよかった(^^)v



一方、思い詰めるクマ君
うなだれるくまくん


そんなに落ち込むなクマ君・・・大丈夫、大丈夫、気にすンなって(^o^)・・・







って、ちょっと目を離したら・・・寝てるし。。。
寝てるし

そりゃあ、蒸しタオルでおしっこで汚れた後ろ脚の周りを拭いたついでに、
軽~く全身拭いてもらって気持ちいいでしょうよ。

これまでずっと、いつも自然体で「我が道をゆく」で生きてきたクマ君らしいワィ!


人気ブログランキングへ



  1. クマ君
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




老犬クマ君の風まかせな日々№002 :: 2012/11/20(Tue)
クマ君の毎日はそのほとんどを寝て過ごしています。
・・・決して飼い主に似たわけではなく歳のせいです・・・念のため・・・
寝て過ごす


でも、ご飯の時間が近くなると急にそわそわして落ち着きがなくなります。
しつこいようですが飼い主に似たわけではありません・・・念のため・・・
ご飯まだかなあ



ご飯まだかなあ・・・おなか空いたなあ・・・

一点集中
一点集中
視線の先は勝手口、ここからお母さんが朝ごはんを持って出てくるのを待ってます。

で、出されたご飯はいつも完食!
この19年間クマ君がご飯を残したことは1度もありません。
人間年齢108歳というおじいちゃんになっても
決して衰えることのない食欲・・・これがクマ君の元気の源!




  1. クマ君
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




クマシューズ :: 2012/11/18(Sun)
最近のクマ君はお散歩の時右の後脚を引きずるように歩くので、
爪に砂利などが食い込むのか爪の先から血が滲むようになりました。
それと関節がうまく曲がらないようでバレリーナのようにつま先立ちのまま着地するので
「膝かっくん」された時みたいな形になります。

そこでこんなものを作ってみました。クマシューズ




「 後足ハーネスもどき」と同じキルティング生地で縫った「クマシューズ」です。
手前に見えているベージュのフェルトを縫いつけた部分に肉球が当たるように
マジックテープで装着します。

こんな感じ、

クマシューズ装着


1回のお散歩でよく汚れるので洗い替えがいります。
クマシューズ洗い替え
横に干してあるのはガーゼを何枚も重ねて縫っただけの床ずれ保護パッドです。



一番下の地面に着く部分だけがすぐ擦り切れてボロボロになるので
生地を2重にしてあるんだけど、それでももう限界に・・・
新しいのを作ってやらなくっちゃあと思いつつ、
なかなか出来ない…めんどくさくってなかなか出来ない…クマ君、ゴメンね



新しいシューズまだかなあ・・・
新しいシューズまだかな



うちのお母さんその気になるのって時間かかるんだよなあ・・・
その気になるまで


もうチョット待っててね ・・・クマ君





  1. クマ君
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




老犬クマ君の風まかせな日々№001 :: 2012/11/17(Sat)
お散歩から帰ったばかりのクマ君・・・
今日はがんばって家の周りを1週出来ました。
500mほどの距離ですがかなり疲れてます。。。
疲れてます

疲れてます002


すのこをコの字に組んで紐でくくっただけの自家製簡易サークルを
カーポートの片隅に置き昼間はここで過ごします。
日当たり抜群で透明のアクリル板の屋根つきなので多少の雨でもOKです。
おしりのあたりに白い物が見えてますが
あれがキルティング生地で手作りした後脚用ハーネスもどきです。


お散歩時はこのように持ち上げて歩かせます。
2012_1117_091032-DSCN1525.jpg


普段はこのように持ち手を結んでくつろいでいます。
こうしておかないと傷口を噛んで広げてしまうんです。
2012_1117_090856-DSCN1523.jpg
白い布の下から床ずれの傷を保護するために当てている
「セーフティーロング」がはみ出しています…(^_^;)

雨が強くなってきたので家の中に入れてやると完璧寝ちゃいました。
2012_1117_094732-DSCN1574.jpg
クマ君、爆睡中。。。



  1. クマ君
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




19歳老犬、人間で言うと108歳だそうです。 :: 2012/11/17(Sat)
我が家の愛犬、くまきち君は19歳になるおじいちゃんで
人間でいうと108歳だそうです。

徐々に弱ってきているなとは思っていましたが
今年の5月頃から後ろ脚が衰え始め、
歩行補助をしてやらないと散歩もままならなくなりました。
キルティング生地で後ろ脚ハーネスもどきを手作りして、
後ろ脚を少し持ち上げてやると何とか自力で歩いています。
なので私が後ろ脚担当、夫が胴輪にリードをつけて前脚担当、
お散歩は夫婦二人がかりです。

19年間、毎日朝夕の散歩に連れ出していた習慣から
オシッコもウンチも家ではしないのでお散歩は欠かせません。
獣医さんからも「歩かせた方がいい」
と言われていているんですが雨の日は困ります。
若い頃なら雨の日でも雪の日でも連れて行けますが
さすがにこの年になると,肺炎にでもなると大変なので
雨がやむのをひたすら待ち続けるのですが、
その間中、寝転んだままの姿勢で
脚をばたばたさせて散歩を催促してきます。

そんなに暴れるなって、
せっかく治りかけてる床ずれの傷口が広がるから・・・
って言ってもくまきち君に理解できるわけもなく…
無理に立ち上がろうとして転んだり、
床ずれが酷くならないようにと浴室マットを敷き詰め
低反発マットやらドーナツクッションを
いっぱい並べたねぐらでもがき続けてます。




人気ブログランキングへ






  1. クマ君
  2. | trackback:0
  3. | comment:0