風のまん中

アラ還夫とマイペース妻の風まかせな日々を適とーに綴っています。




アスパラの森 :: 2013/06/29(Sat)
こちら、6月8日に種をまいたアスパラガスの
26日の様子。。。

1アスパラの森

我が家の狭い庭に出現した小宇宙
アスパラの森。。。

今年の春先、ある方のブログで
初めてアスパラガスの花を見て、
ちょっこし育ててみたいな~
なんて…思っちゃったんですけど

アスパラガスって苗を買ってきて植えても
収穫までは2年かかるんですって・・・

気の長い話だなやぁ~

あっ…でも…なにっ…

わおぉ~~1回植えると、
10年間くらいは毎年収穫できるんだって!

植えよっ! 植えよっ! 絶対植えよっ!!!
2年なんて、アナタ、50(才)過ぎたらあっという間よ~


というわけでアスパラ栽培計画決定!w(^o^)w

で、さらに調べていくと
なんと、アスパラには雄株と雌株があって
どちらでも収穫は出来るんだけど
雄株のほうが収穫量が多いらしいです。。。

なんでも雌株は秋に赤い実がなって、
その実の中にある種に栄養分がとられてしまい、
収穫するアスパラガスが生えてくる地下茎に
養分が充分にいかないから・・・ですって。


ということは、ですよ
育てるなら、絶対雄株だよね~

ところがどっこい
苗の時点では雄株、雌株の区別はつかないらしい

それがわかるのは花をつけた時・・・
雄株には雄花しか、雌株には雌花しか咲かないそうです。
でも花が小さいので見分けはつきにくく、
結局、秋に実をつけた方が雌株・・・
と判断するのがカンタンそーだワ。。。

でもぉ・・・買ってきた苗が雌株だったらヤだな~

そこで・・・
底の浅ーい(^o^;)
欲の深ーい(-“”-;)
顔の丸ーい(^-^)
生まれついての貧乏人、森くまは考えました。。。

種から育てればたくさん苗が作れる
その中から雄株だけを残せばいいんでは…と
が…種からだと収穫までは3年かかるんだと~

3年はちと長すぎるか~?

いやいや…50(才)過ぎたら、
2年も3年もそんなに変わりませんって・・・ネッ

というわけで種まきから始めるアスパラ栽培決定o (^0^) o


種まきトレイの中で育つアスパラガスは思いのほかカワイイデガスぅ~
いつまでもこのままでいてほしいくらいに癒されてました
2 種まきトレイの中で


3 癒されてました~



が、やはり、いつまでもこのまま…というわけにもいかず
ついに小宇宙解体・・・苗ポットに移植しました。。。

全部で50株ありまするぅ~

4絞りに絞って

これでも大分間引いたんですよ~
絞りに絞ってそれでも50株に・・・
これだけの苗をこの狭い庭でどうやって?…なんて
先のことはあまり深く考えずに先に進むことに・・・

作業終了後、傍らには
雑草のように無造作に積まれた間引かれた苗たちが…
名残惜しいけどこれは捨てるしかない・・・


と、それまで近くで移植作業を見ていた夫が
「それ、捨てるの?」と、
間引かれた苗の塊を指さす。。。

捨てる神あれば拾う神あり…?

夫のもとで再雇用された
捨てられるはずだった間引き苗が

このような・・・

小品盆栽風に。。。

5再雇用

この先、いつまでこの状態を保てるかは不明なれど・・・

なにはともあれ

小宇宙・・・アスパラの森、復活!

6復活!

しかも、間引かれたはずのこっちの方が

7優遇

めっちゃ、優遇されてるし~!!!w(゚o゚)w !!!


にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

  1. 狭い庭で楽しむ趣味の園芸
  2. | trackback:0
  3. | comment:34




完成でっす! :: 2013/06/26(Wed)
鉢植えの朝倉山椒からの収獲を諦め
日曜朝市で買ってきたパックの実山椒・・・

前回、無駄に手間をかけつつも
やっとこさ山椒の灰汁抜きが終わったところまで
ご紹介出来ましたが、

5あとは冷蔵庫で



いよいよ佳境でございますo (^0^) o


今回で3回目のチリメン山椒作り。
実は去年は大失敗!散々な出来でした(;_;)

といいますのも、
初めて作って思いのほか上手くいった
前年のうろ覚えの記憶だけで
いい加減な作り方をしてしまったからです(-.-;)

まず、山椒の種が硬くなってしまったうえに・・・
灰汁抜き不十分な山椒を大量投入で激辛!(>_<)
そして、
ちりめんじゃこの大きさを考慮せず、適当に選んだら
じゃこが大きすぎて見た目も悪い上に食感もイマイチ・・・


以上の反省を踏まえ


こちら、チリメン山椒にチョードよい
極小のちりめんじゃこを
やはり日曜朝市で100g350円也を2袋購入。。。

1-日曜朝市で購入

塩分と臭みを取るために
ボウルにあけ2~3回水を換え洗った後
ざるに移し水を切ります。。。

2-ざるに移し水を切ります

ここからしばらく写真なしですが、

前回の記事、山椒の灰汁抜きと同様
ネットで調べたことを参考にしたうえで
自分なりの味付けで・・・以下のように。。。

ちりめんじゃこ・・・200g
酒・・・・・・・・・300ml
みりん・・・・・・・100ml
醤油・・・・・・・・大さじ5
我が家は超薄味なのでほかのご家庭では
お醤油もう少し多めがいいかもしれません。。。


砂糖・・・・・・・・大さじ1

山椒(今年は)・・・大さじ3
山椒の量は灰汁抜きの加減で辛さが変わるので
最初、少なめに入れ
都度、味見をしながら足していくがいいと思います。。。



まず、鍋に酒とみりんを入れ
沸騰させアルコール分をとばします。。。
沸騰させる時間は数十秒でいいです。
ほかの料理でも、酒やみりんの量が多い時には
このように先に沸騰させてアルコール分を飛ばすと
仕上がりの味がグンと良くなりますので、
面倒なようですがこれ重要!です


次に醤油とちりめんじゃこを入れ
弱火で、煮汁がなくなるまで煮詰めます。。。

煮汁がなくなって鍋底が見えるくらいになったら
山椒と砂糖を入れます。。。

醤油と山椒は最初、少なめに入れ、
ここから味見をしながら足していきます。

焦がさないようにターナーなどで
時々鍋底をこするように混ぜながら
最後の山椒を入れてから、
5分くらい煮詰めれば出来上がりです。

3出来上がりです

うちはしっとり仕上がりが好みなので
このまま保存容器に移しますが、
パラパラ仕上げがお好きな方は
この後、ざるに広げて数時間、
風通しのよい日陰において乾燥させると、
パラパラ・カラカラに・・・

密閉度の高い容器に入れ冷蔵庫で保存・・・
水を加えず煮詰めているので
10日くらいは日持ちします。

それ以上持たせたい場合は冷凍も出来ます。
食べる時には自然解凍で・・・
灰汁抜きした山椒の実も冷凍できるので、
もう一回作れるくらい残った分は冷凍にしました。



出来上がってすぐに写真を撮るのを忘れ、
半分くらいに減ったところで慌てて撮りました。。。

4半分くらいに減ったところで



しっとり・・・超薄味が我が家流です。。。

5しっとり・・・超薄味



で、お約束の、ちりめん山椒おにぎり~


完成でっす! ・・・☆☆☆・・・かな?

6お約束の・・・

左がちりめん山椒おにぎり
まん中に入れた具が多すぎてはみ出してしまいました

右は梅干しおにぎり、梅干しがデカ過ぎたので
半分だけ入れて残りは外に・・・

で、朝倉山椒の葉で山椒の香りを添えて・・・

今年は途中で全部実を落としてしまい、
役に立たなかった朝倉山椒。。。これくらいは貢献してもらわないとネ。。。


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

  1. 台所しごと、あれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:22




やっと・・・終わりました。。。 :: 2013/06/23(Sun)
やっと・・・終わりました~山椒の種取りo (^0^) o

いやぁ~長かった~
たったこんだけんこつに
2週間もかかってしまいました~

1-2週間もかかってしまいました~

そもそも、今の季節に収穫する山椒は
実が熟した秋に収穫する粉山椒と違って
未熟な若芽なので種もまだ柔らかく
種ごと粒状のまま塩茹でにするのが
一般的なやり方・・・

ただ、収穫後すぐに下処理しないと
時間が経つごとに種が硬くなってしまうため、
このようなシチメンドウクサイことになってしまいました。。。

秋頃の、木で実が熟した山椒は
乾燥して実がはじけているので
簡単に皮と種を分離できるんです。
それをすりこ木ですったり
ミルで挽いたものが粉山椒です。


種のまま食べられる、青山椒とも呼ばれる未熟な山椒を
わざわざ乾燥させて種を取りだす・・・などと
無駄に手の込んだことをやってるのは、
きっと私くらいのもんでしょうネ。。。

2無駄に手の込んだことを

来年はもっと手際よくことを進めなければ・・・



なにはともあれ。やっとこさここまで辿り着いたので
ぬか漬け用にこれだけ残して

3ぬか漬け用に

あとは全部、チリメン山椒用に塩茹でにします。。。



ただ、私、チリメン山椒を作るのは今年で3回目

「山椒」、「塩茹で」で検索しながら試行錯誤・・・

いろんなサイトでいろんな人がいろんなことを言われていて
茹で時間一つとっても30秒でいいと言う人から
5分から20分まで随分幅があるので
悩んだ結果…いろんな意見を参考にしたうえで
もう、得意の自己流、適当流、「出たとこ勝負方式」で、
結果的に、以下のような手順になりました。。。


もしも、チリメン山椒の作り方をググっていて
たまたま、間違って
このページに入ってきてしまった方がいましたら、
ここはあまり当てにはなりませぬゆえ、
他をあたってくださいませ。。。<(_ _)>



まず鍋に、700ml 程の水に
コーヒースプーン1杯くらいの塩を入れ火にかけ、
沸騰したら山椒を入れます。。。

野菜を茹でる時、水から?…お湯から?…と悩んだら
土の中で育ったもの…は水から
土の上(地上)で育ったもの…はお湯から
と、覚えておくと便利です。

が、例外があって、かぼちゃとトウモロコシは
地上で育ったものですがお水から茹でます。



しばらく茹でると灰汁でお湯が黒くなったので
5分ほど茹でた後、このお湯を捨て、
今度は塩を入れずにお湯から10分ほど茹でました。

1回目の塩を入れた茹で汁、
灰汁でこんな色になりました。。。

4こんな色になりました

そしてこちらが
塩を入れて5分、塩なしで10分茹でた後の山椒、
あとはときどき水を替えながら冷蔵庫で・・・

5あとは冷蔵庫で

口の中がバカになるくらい
ピリピリ・ヒリヒリが好きな方は2時間ほどで、
あまり辛いのは嫌いという方は、一晩置くのがいいようです。。。


ワタクシ、森くまは
これ以上、口までバカになっては大変!…なので、
一晩おいて充分に刺激が少なくなるほうを選びました。。。

そして、今日のお昼、一粒、味見して
程よい刺激の辛さであることを確認・・・

いよいよ・・・チリメン山椒に!・・・



が、その前に・・・庭でなにやら私を呼ぶ声が・・・

6私を呼ぶ声が

。。。申し訳ない・・・わたくし、ちょいと
急用を思い出しましてございまする。。。<(_ _)>

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

  1. 台所しごと、あれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:18




なかなか進みません・・・ :: 2013/06/20(Thu)
これは2週間ほど前に
日曜朝市で買ってきた山椒の実・・・

3もう一ついいモノが


買ってきてすぐに小枝を切り取って


4枝を切り取るために

普通ならホールのまま塩ゆでに。。。
一刻も早くしないとすぐに種が固くなってしまいます。

わかっているのに・・・
気が向いた時に気が向いたことしかやらない、
ワタクシ、森クマは過去に何度も
処理が遅くなって種がジャリジャリの食感に・・・(-"-)

そこで、種を取ってから料理すればいいんジャン…
なんてねっ…思ったんでございますよ・・・

買ってきた山椒をそのままにしておりましたら
翌日の夕方にはこのようにはじけて
種が飛び出してきますゆえ、

3このようにはじけて

すごぅーく簡単に種が取り出せる・・・ハズ

4簡単に種が取り出せる・・・ハズ

だったんですが…
何しろこんだけの量がありますから・・・

5こんだけの量がありますから・・・

でもって、昼間、お庭では、

こんなんとか・・・

6こんなんとか・・・

あんなんとか・・・

7あんなんとか・・・

毎日、面白いことがいっぱい

8面白いことがいっぱい

夜は夜で、パソコンに向かってしまうと
なかなかやめられず・・・

おまけに、日が経つごとに
山椒の実のはじけ方も地味ぃ~になって来て
そんなに簡単には取れなくなってきて
もう2週間近くなるのにまだ終わらない・・・

いつもなら、「風車の弥七」のように
ナイスなタイミングで登場するはずの夫も

一度だけ、「何やってんの?」
と近寄って来たものの

この小さく皮が破れているところを突破口に
中の種を取り出していくだよ・・・一粒一粒ネっ。。。

9突破口

(-"-)・・・

「お前に任せる・・・よしなに・・・」

あ~あぁ~作り笑いで後ずさりしながら去ってゆく風車の弥七・・・



それでも何とかここまで・・・

10何とかここまで・・・

ザルに種を取り除いた実山椒、白いぐい呑みに種を・・・

後もうちょっと、というところまできましたが
まだまだ ‘お寺の引っ越し’ でございますぅ。。。(^o^;)

‘お寺の引っ越し’ とは、落語のネタで、

墓が行かない・・・ハカがいかない
はかどらない・・・つまり、
なかなか前に進まないという意味です


お後がよろしいようで。。。<(_ _)>

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:22




洗濯バサミを洗いました。。。 :: 2013/06/18(Tue)
洗濯バサミって知らず知らずのうちに
結構汚れてしまいます…(;_;)

というわけで、先日、洗濯バサミを洗いました。。。

1結構汚れてます

でも洗濯バサミって内側に細かい溝がいっぱいで
メッチャ洗いにくいです…(-.-;)

そこで、わたくしこれを使って洗ってます。。。

2これを使って洗ってます

洗濯バサミと重層を適量、バケツなどに入れ
お水をシャバシャバと・・・

3お水をシャバシャバ
庭の片隅に夫が水道から分岐させて作った水場・・・で

手で大雑把に撹拌、適当な時間放置・・・

昔、‘生活の知恵’のような本で見た‘知恵’で、
重層の量とか、つけ置きの時間などが
うろ覚えなのでいつも適当なんですが…(^o^;)

この日は1時間ほど置いた後、
洗濯バサミどうしをこすり合わせながら
かき混ぜるように簡単に洗ったあと、
軽くすすいで終了です。。。

すごくザックリ洗っただけなのに
汚れのひどい内側の溝もかなりキレイになりました(^-^)b

4かなりキレイになりました

あとは洗濯ネットなどに入れて乾かします。

普段から洗濯バサミを収納している
クマの手提げバックに入れて乾かし、
乾いたらそのまま洗面所に持ってくだけ・・・

5クマの手提げバックに入れて

ただ、出しっぱなし、やりっぱなし、放りっぱなし、の
ぱなし名人森クマはこれをついつい
ここにオキッぱなしにしてしまい、
結局、元の木阿弥になってしまいまする・・・(-"-)

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:14




梅干に赤シソ投入・・・後編 :: 2013/06/15(Sat)
前回、赤シソを洗い水分を飛ばしたあとの続きです。。。


赤シソをポリ袋に入れ重さを量ります。

1-重さを量ります

赤シソの分量は、梅の重さのだいたい10%くらいと言われていますが、
うちは結構多く入れます。
400gでいいところが650gあります(^o^;)
濃い色に仕上げたい人はそれぞれ好みで、
20%くらい入れる人もいるようです。

これを水気のない乾いたボウルに入れ
塩で揉んでいくんですけど、赤シソの量が多いので
このポリ袋の中で軽く揉みカサを少なくします。。。

塩の量は赤シソの重さの18%~20%

まず、分量の半分の塩をこのポリ袋に振り入れ、
全体に混ぜ込むように絡めながら
軽く揉んでいくと徐々に赤シソのカサが減ってきます。

2ポリ袋の中で

ボウルに入るくらいまで小さくなったら
塩がついたままボウルに移し、袋に残った塩も全部移します。。。

ここから本格的に
赤シソの葉を破らないよう力を加減しつつ、
少々強めに揉んでいきます。
だんだんしんなりして、汁が出てきますので

3ここから本格的に


握れるくらいの量ずつ手に取り、何回かに分けて絞り、
横の小さいボウルによけていきます。

4何回かに分けて絞ります

あれだけの量あった赤シソが、こんなに小さく・・・w(゚o゚)w

5こんなに小さく・・・




遠慮なくぎゅっぎゅっときつく絞ったあとの…

6これは灰汁

これは灰汁(アク)なので捨てます。。。



灰汁(アク)を捨てたボウルに赤シソを戻し
残りの塩を全部入れます。。。

7残りの塩を全部入れます

先ほどと同じ要領で強く揉み灰汁(アク)を絞り出します。

8先ほどと同じ要領で

2回目の絞り汁、これも灰汁(アク)なので捨てます。。。

9これも灰汁



2回、灰汁(アク)絞り終えた、赤シソの塊をボウルの中でほぐします。
ボウルが横に置いてあった小さいボウルに代わっています。。。

10ボウルの中でほぐします



雑菌が入らないよう
念のため撮影を止めてしまったので
ここから先、しばらくの間、写真はナシです。。。<(_ _)>

下漬けの梅干しが入っている容器から
梅酢をカップ1ほど汲みだし、
このほぐした赤シソに加えます。

梅酢を汲みだす時、水分や雑菌が入らないよう、
水気のない乾いた清潔な物を使います。。。


ほぐした赤シソを、
梅酢の中でゆっくりと軽ぅく揉んでいくと、
梅酢の色が、先ほどの灰汁(アク)とは明らかに違う
鮮やかできれいな紅色に変わります。。。

梅酢の色が変わったら、赤シソを軽く絞り
梅の上に均等に広げます。。。


ここから撮影復活。。。

こちら、梅酢を加えた後の絞り汁。
これは灰汁(アク)…ではないので捨てません。。。

11これは捨てません

これを、先ほど赤シソを広げた梅の容器に
そそぎ入れ、雑菌が入らないようにラップをします。

12梅の容器に

この時、梅酢が少なく
全部の梅が梅酢に浸からないようでしたら
大きめのお皿などを逆さまにして
落としぶたのように乗せてみてください。。。
木や金属性の物は不可です・・・


これで作業終了

と…!

これまでず~っと赤シソを揉み続けた夫のお手手が真っ赤!
前からずいぶん怪しげぇ~なオヤジだった我がアラ還夫が
とうとう、アクに手を染めちまっただよ~!!!

13アクに染まってしまいました~

手はこの後、石鹸で洗うときれいになりました…(ホッ)
手だけはネ。。。(-"-)



で、この作業をしたのが10日の月曜日
こちら、4日後の金曜日の様子。。。

14イイ感じに

イイ感じに梅が赤く染まっておりまする。。。
あとは土用干しを待つばかりでごじゃりまする~o (^0^) o


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

  1. 台所しごと、あれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:16




梅干に赤シソ投入・・・前編 :: 2013/06/14(Fri)
先日、日曜朝市で買ってきた赤シソを
下漬け中の梅干しに投入しました。。。

4束買ってきた赤シソを・・・

1-4束買ってきた赤シソを・・・

まず葉を1枚ずつちぎって

2-1枚ずつちぎって

洗い桶に・・・

3-洗い桶に・・・

これを、1枚1枚、フリルを広げながら丁寧に流水で振り洗い・・・

特に、無農薬で栽培されたものは
フリルの間に虫が潜んでいたり
蜘蛛の巣をキュッと圧縮したような
白い綿のようなモノがはり付いているので、
よーく見ながら取り除いていきます。


梅干し作りの中で、一番手間のかかるこの工程。。。
兼業主婦だった時代から毎年、
このイヤんなる作業を、ひとりで黙々とひたすらに(-"-)
根気よく続けていましたが・・・

でも今年は、ちょっとばかり違います(^-^)b
なにせ、コヤツが毎日家におりまするゆえ。。。

4-今年は、ちょっとばかり違います

というわけで、去年までは塩もみの段階から参加していた夫に
今回初めてこのように・・・シソを洗うところから手伝ってもらい
今年はものすごーく楽チンでした(^^)v


次に、洗い終わった葉っぱを少しずつ
目の粗い洗濯ネットに入れ
お外でブンブン、ネットを振り回し、
遠心力で水気を切ります。。。

家に室伏広治さんのような方がいれば
すごーく助かるんですが…
いないのでコイツにやってもらいます。。。

5-室伏広治方式

ちなみにこのネットは、
これ用に新しいのを用意するのは当然なんですが、
なにせ洗濯用品ですので
「食品安全基準」などは考慮されていませんから、
表面にどのようなコーティングがされているか…

新品でも台所洗剤で予め洗って使ったほうが
無難だと思います。。。

‘室伏広治方式’
住宅事情の許す範囲内でお試しくださいませ。。。

そして、土用干し用のざるに新聞紙を数枚重ねて敷き、
その上に、遠心力で水分を飛ばした後のシソの葉をふわっと広げ
扇風機の風を微風で送ります。。。

6-扇風機の風を微風で送ります

この時、お部屋の掃除機かけは
2時間以上前に済ませておいたほうがいいです。。。
掃除機の排気口から出る様々な微粒子は
2時間くらい空気中に浮遊していると
以前「ためしてガッテン!」で志の輔さんが…

うろ覚えなので時間的なことは多少誤差があるかもしれませんが・・・

で、このように20~30分扇風機の微風にあて
ある程度まで水分がなくなってきたら、
いよいよ塩もみ…です。。。

うちはすぐに出来なかったので
このまま新聞紙に包んで夜まで置きました。。。

この後の塩もみのやり方は
ごくごく一般的なやり方なんですが、
前回の 「梅干作り。。。」 の記事に
赤シソの時もアップしてね…という
コメントを頂いているので、赤シソの話をもう少し…

ですが、

この続きは、明日 …か、あさって(^_^;)… に・・・

。。。今日はここまで。。。


では、ワタクシ、これから

ちょっくら…巨峰の青虫探し に行ってまいります。。。<(_ _)>

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村


  1. 台所しごと、あれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:16




今週の日曜朝市で・・・ :: 2013/06/11(Tue)
最近、「日曜朝市で買ってきました…」
という記事がやたら多いんですが、

今日も…先日6月9日の日曜朝市で
買ってきたモノの紹介です。。。。。


こちら梅酒用の南高梅 です。

1全部買ってくれたら1000円でいいよ!

1㎏300円というだけでもかなりお安いのに
4㎏入ったこの箱・・・これが最後の1箱ということで
「全部買ってくれたら1000円でいいよ!」
うわぁーい、超お買い得!
始めっから4㎏は買うつもりだったんよ~

めちゃくちゃラッキー!

この朝市にはいろんな業者が
たくさん店を出していて、
中には10㎏1800円…なんていう
有り得ない安値の南高梅も・・・
でも、たいていの場合
安いだけの粗悪品…というのが多い

さて、1kg250円になるこの南高梅はどうだろうか、

梅の良し悪しを見分ける力はまだまだなんだけど、
一応、19年間続けてきた経験と、
いつも利用するこのお店のおじさんを信じて
買ってまいりました。。。


そして、まだ先になると思っていた赤シソも

2葉っぱが肉厚でイキイキ

葉っぱが肉厚で
イキイキとしてきれいなこの赤シソが
1束100円、4束買って400円也でした


今週はもう一ついいモノが手に入りました。。。
こちら、山椒の実。。。です。

3もう一ついいモノが

ひとつひとつ枝を切り取るためにザルにあけると・・・

4枝を切り取るために

これだけの量が・・・これで200円でした
どんだけチリメン山椒ができるんやろ・・・

どれも、早く処理しなければいけない物ばかりだけど
まず、最初に梅酒に取り掛かりました。
作り方は、裏技も何もないごくごく一般的なやり方。。。

梅をきれいに洗って…拭いて…
氷砂糖を入れて…ホワイトリカーを投入。。。
これまでブランデーベースとか
氷砂糖の代わりに黒糖とか、いろいろ試しましたが、
最後にはやっぱり、シンプルな、

ホワイトリカーと氷砂糖が一番美味しい という

結論に至りました。。。

こちら今回、南高梅で作った梅酒
1.8リットルのホワイトリカー3本分

5ホワイトリカー3本分

先週、月光という品種で作った分と合わせて
全部でホワイトリカー6本分

6酒浸りの日々は来年も

来年まで1年間寝かせた後、夫の晩酌に。。。
ビールの後にこれを水割りで1~2杯・・・

夫の酒浸りの日々は来年も安泰です。。。

は?・・・
鉢植えで育てている朝倉山椒の実で
チリメン山椒を作る話はどうなったか・・・って?


まあ、話せば長ーい物語なんですけどぉ~
みなさんお忙しいでしょうから…(^_^;)…手短かに申しますと(^o^;)

世の中、思うたようにはならんのぅ・・・

というお話でございますぅ(-.-;)


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

  1. 日曜朝市
  2. | trackback:0
  3. | comment:20




巨峰の袋かけ・・・完了 :: 2013/06/09(Sun)
我が家では、
他にやる事がいっぱいあるにもかかわらず
巨峰の青虫を探し始めると
なかなかやめられない日々が続いております。。。

1袋かけ前

そんな中で、先日、
一つ一つに袋をかけていきました。。。

2袋かけ完了

春先から、夫が、剪定、誘引、と
いろいろと手入れをしながら

自然に残していれば50房以上は生っていた実を、
葉っぱ何枚につき1房…手引書を読みながら

。。。生まれついての貧乏人が。。。
「惜しいなぁ~ツライなぁ~」

などと身を切られるような思いで、
摘房、摘粒を繰り返し、20房まで調整しました。

3リビングの日よけ

8年ほど前に鉢植えを3000円也で購入、地植えにし、
ブドウ棚を作り、ツルを誘引し
リビングの陽よけになっています。。。

さて、これから収穫の秋まで

何を置いても ・・・青虫探しが優先・・・される日々が続きます。。。

大型台風が来ませんように・・・


にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

  1. 狭い庭で楽しむ趣味の園芸
  2. | trackback:0
  3. | comment:14




カリカリ…ニンニクチップ :: 2013/06/06(Thu)
徳島県はニンニクが盛んに作られていて
特に今の時期、収穫したての生のニンニクが手に入ります。

こちらは毎週、日曜日に出かけていく
日曜朝市で買ってきた
徳島県産の生のニンニクです。。。

1生ニンニク

ホワイト六片より、ほんのちょっこっと小っちゃめの
ニンニクが7個…こんだけで400円でした。。。
国産でこの値段です(^^)v

いろんなことに再利用するため捨てずにおいてある
卵を買った時に入っていた赤いネット・・・

2卵の赤いネット
裾からクルクルッと折り返して丸めていったら
このようにリンゴの形に…


これに入れて雨の当たらない日陰に吊って保存します。。。

3吊って保存

乾燥してゆくにつれ、だんだんと、
いつもスーパーなどで見慣れているニンニクに変わってゆくのですが、

この状態でも、普通に料理に使えます。。。当たり前っすが(^o^;)

数年前、ある著名な方がテレビでお料理をしながら (料理家ではないです)
にんにくの中心の芽は毒がありきついので
ちゃんと取り除くように…と言っていたのを信じて
ズ~ぅとニンニクの芽は取り除いていたんですが、
最近になって知ったのは、
料理人の方がにんにくの芽を取り除くのは、
芽は焦げ易くて風味が損なわれ、見た目も悪くなるから・・・
という理由からだけで毒があるわけではないそうです。

以来、ニンニクの芽を取り除くかどうかは
その日の気分しだいに…なっちまいました(^^ゞ

さっそくスライスして素揚げ、ニンニクチップスにしました。

生のニンニクの芽はそんなに大きく育ってなかったので
そのまま使いましたけど、
乾燥させたニンニクの場合はやはり
芽は取り除いたほうがいいかも・・・ですね。

4ニンニクチップス

冷凍保存も出来るので、たくさん作っておけば
ステーキ、スパゲッティー、サラダなどのトッピングや
いろいろな料理に使えて便利なんですよネ。。。

今回はポテトサラダのトッピングに・・・

我が家のポテトサラダの作り方はちょっと変わっていて

ジャガイモをゆでる時にバターを入れるんです。。。
量は適当です。。。大さじ1くらいかな・・・
で、ジャガイモはマッシュしないで、
混ぜた時に自然につぶれる程度に・・・

キュウリは普通にスライスして塩もみ・・・

あとは、夫がスライスハムを食べないので
サラミソーセージか、カリカリに炒めたベーコン
入れる材料はいつもいつもこんだけで、

ジャガイモに、キュウリ、
サラミソーセージまたはカリカリベーコンを
混ぜ合わせた後、
マヨネーズや、ドレッシングが嫌いな
夫の分を取り分け、
残った私の分にだけマヨネーズを入れて混ぜます。

バターやベーコンに塩が入っているので
味付けは無しで、盛り付けた後に
曳きたての粗挽き黒こしょうを
上からパラパラかけるだけです。。。

今日はサラミソーセージを使いました。。。
ざっくり大きめに切ったジャガイモの形が残ってます。。。

一番最後にニンニクチップスを散らして
ハイ・・・出来上がり

5ハイ・・・出来上がり

右が夫の食べる分・・・マヨネーズなし
左が私の食べる分・・・マヨネーズ入り

ワタクシこのポテトサラダが大好きで
作る時はいつもたくさん作り過ぎてしまいまする。。。
これは明日の分に…と、取り分けておくんですけど、
食べてると、もうちょっとだけ…なんて明日の分に手が

で、その日のうちに完食でごジャリまする。。。!(>_<)


と、なにやら洗面所のほうから…声が・・・

14ガチャピン

あぁ~あぁ~・・・オラ知んねぇ~zo~
あとで目盛り見て、

ガチャピンが壊れてるぅ~

なんて言わないでおくれよね。。。




にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村



  1. 台所しごと、あれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:24




優先順位・・・ :: 2013/06/03(Mon)
昨日、毎週行く日曜朝市で買ってきました。
梅酒用の「月世界」という品種の青梅4kg。。。
これでホワイトリカー1.8リットルを3本分作ります。

1月世界

もうあと3本分くらい作る予定ですが、
欲しかった「南高梅」が出てくるのは
もう少し先になるというので今日はこんだけです。

でも、その前に・・・

去年、漬けた梅酒…これを瓶に詰め替えなければ…

2その前に・・・




そしてさらに・・・

これは、先日、やはり去年漬けた別の梅酒と金柑酒を
瓶に詰め替えた際、取り出した
中に入っていた梅の実と金柑

3さらに・・・

それぞれ、ジャムにしようと思いつつも
手つかずで冷蔵庫に押し込み・・・そのまま(-.-;)

やらなければいけない事より
やりたい事のほうが優先される…私の気まぐれ家仕事(^^ゞ

すぐやらなければいけない、これらを後回しにし
いつでもいいはずの庭仕事、土いじりに
体が 。。。勝手に。。。 向いてしまうんですぅ・・・(^o^;)

そんなワタクシメの中で
今一番、優先順位の高いのが・・・こちら

4優先順位の高い・・・

リビングの掃出し窓の上、
2階のベランダの真下に
日よけになるようにと、夫が作ったブドウ棚

写真、左側から伸びてきたツルが
葉を繁らせているのは
果樹担当の夫が手入れをしている巨峰です。。。。
右の向こうのほうには、
鳥除けに吊った「防鳥 にせタカくん」が、
お仕事がんばってくれてます。。。o (^0^) o


このようにいくつか房もついています。

5房もついています

この写真は上の写真の左側、
一段下がっている棚の少し先にある別の場所のモノです。

今、この大事な巨峰の葉っぱが
青虫によって食い荒らされていて、
薬剤を使いたくない私たちの対処法は

目視にて捕獲…駆除

日々、ここを通るたび、手を止め足を止め、
上を見上げては葉っぱを見つめ、目を凝らし青虫探し


というわけで、ここに立って青虫探しを始めてしまうと、
いつまでもやめられずに
ついつい貴重な時間を費やしてしまいます。。。


しかも、そういう妻を

おいおい、そんなことより
他にやることいっぱいあるやろ。。。


と、た・し・な・め・なければいけないはずの


夫まで・・・

6気合入ってるし

おぅーい、こっちにもおるぞっ…って

一緒になって青虫探してる場合かっ!

しかも、踏み台まで持ってきて・・・
私より気合入ってるし(-"-)


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村



  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:22