風のまん中

アラ還夫とマイペース妻の風まかせな日々を適とーに綴っています。




温まっていってくださいませ :: 2016/01/25(Mon)
毎日作るお味噌汁
具材のチョイスにも悩みますが・・・

お味噌が残り少なくなってくると
お店で次の分を買う時
どれにしようか結構迷う・・・

若い頃はとにかく価格重視で
低価格のものを
さらに安くなる特売日に買い置きしたものだけど

いつの頃からか
せめてお味噌汁くらいは
ケチケチせず美味しいものをと
思うようになる…のは
やっぱり歳のせいでしょうか。。。(^_^;)

とは言いつつも
いざスーパーのお味噌コーナーの前に立つと
価格の高いお味噌にはなかなか手は伸びず…で


ここのところ気に入って使っているのは
やはりお手頃価格の
このお味噌でございます

やはりお手頃価格


この2種類の味噌をひとつの容器に移し替えましてネ

ひとつの容器に


空気が入らないようにと
どんなに丁寧に入れても
どうしてもできてしまう空洞を
ラップを密着させた上から
手の平で押さえつけて潰していきます

ラップを密着


潰していく



空気が抜けてもラップはまだ捨てませぬ
お味噌の表面に貼り付いて
お仕事続行でございます

捨てませぬ


具材に合わせたり、その日の気分で
合わせと赤みその割合が変わります

その日の気分で


今日のお味噌汁はお豆腐とネギ
赤みそ控えめで・・・

赤みそ控えめ


この冬一番の厳しい寒さだとかで
かなり冷え込んでおります
質素すぎてお恥ずかしゅうございますが
温まっていってくださいませ。。。




にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

  1. 台所しごと、あれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:20




巨峰の皮剥ぎ作業。。。 :: 2016/01/18(Mon)
我が家の庭の巨峰の木

毎年初夏から秋にかけて
青々と茂った葉は
南に面した窓に木陰を作り
このブドウ棚の真下は
とても心地よい空間となります。。。

心地よい空間


ただ、毎年このように
葉が繁り、育った果実に袋をかけ
収穫を楽しむためには
今のこの寒い時期のある作業が
とても重要になります


秋にすべての葉を落として
真冬の巨峰の木はこんな殺風景

殺風景



で、この時期の重要なある作業とは…

重要な作業


木と皮の間で害虫が越冬するのを防ぐため
幹や枝の古い表皮を剥ぎ取り
潜伏している虫を追い出し
二度と入らせないようにせねば…

というワケで
ひとりにひとつずつのこの道具で

ひとつずつ


虫さんの追い出し開始です

追い出し開始


ブドウ棚まで伸びた枝は
細くてやりにくいうえに
脚立を使っての作業になるので
アラ還おやじが担当

アラ還おやじ担当


主幹担当・・・
だんだん高くなるにつれ踏み台を使って
背伸びしてやっとります

主幹担当


そんなこんなで
二人がかり3時間ほどで作業終了

二人がかり3時間



作業前はこんなだった幹が

ビフォー


こんなにキレーになりましたとさ(^-^)b

アフター




これで今年の夏も
こんなふうに巨峰の果実が育ってくれると
頑張った甲斐もあるってもんなんですがねぇ…

こんなふうに


3度の大型台風で大打撃を受けた2014年
前年のダメージを引きずった2015年

さて、今年はどーなる?


にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

  1. 狭い庭で楽しむ趣味の園芸
  2. | trackback:0
  3. | comment:24




10年ぶりの復活 :: 2016/01/11(Mon)
鏡開きの今日

鏡開きの今日

我が家では
10年ぶりにあるモノが復活を果たしました


それは・・・
お餅を焼いている網の下に見える炭火

お餅を


これ、10年ほど前に買った囲炉裏なんですが
買ってすぐ私が気管支ぜんそくを発症してしまい
真っ先にこの囲炉裏の灰が原因ではと疑われ
1年ほど使われただけで即封印

それ以後は
火を熾す炉の部分に蓋となる天板を乗せ
ただ重いだけのテーブルと化しておりました

封印


でも、その後4.、5年で
私の気管支ぜんそくもすっかり良くなり
10年経った今では
まったく症状も出なくなっているので
10年ぶりに火を入れてみました

10年ぶり


高くって少ししか買えなかった
備長炭は使い果たしていましたし
普通の木炭は
冷蔵庫の消臭剤代わりになっているしで
もう炭は残っていないかと思っていたら
アラ還おやじの木工部屋の奥の方で
ヒッソリと生き延びていた炭がありました

ヒッソリと生き延びて


こちらも10年ぶりの再登場
以前は黒光りしていた鉄瓶も
手入れが行き届かなくて
すっかりツヤも消え失せてしまいましたが・・・

こちらも10年ぶり


さてさて、沸々とお湯も沸いてきたことだし
ここらでお茶でも…
淹れよーかねぇと、思っていたら

いっ、いつの間にぃ~~~

いつの間に



そーです
今日は成人の日でもありました
で、去年と同様に
まっ昼間から呑んだくれるアラ還おやじ

去年と同様に



ちなみに、去年の記事はこちら  → 

そして、ニュースを見ながら
式に行かにゃ~
などと毎年お決まりの戯れごとを・・・

お、おやっ
今年は言わないのか?

ならば、と・・・
式に行かなくってもヨイのか?
と水を向けてみると

いや、ボクは来年やから…ですと(-"-)


一年かかって考えたお返しがそれかいっ!


ただねぇ、とーしゃん・・・
ということは
お酒も来年までオアズケでは???
などというツッコミにも
まったく動じない呑んだくれオヤジでございます(-_-)コマッタモンダ

コマッタモンダ



にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:18




だいだいポン酢、作ってみました。。。 :: 2016/01/04(Mon)
いつものように
お正月、床の間に飾った鏡餅

いつものように


「サトウの鏡餅セット」
中身のお餅は毎年新しいモノを入れているけど
鏡餅の形をした水引き付きの容器は
毎年使いまわしているいつもの入れ物

毎年恒例の手作り干し柿

アラ還おやじ作の
20年以上使い続けているいつもの三方

ただ、ひとつだけ

ちょっと小ぶりのこの鏡餅に
普通サイズのダイダイではバランスが悪いので
いつもの年はミカンで代用していたんですが

年末に行った朝市で
7個100円也の値札が付いた
カゴに盛られたダイダイの中に1つ
小さくてきれいで
葉っぱの付き方がいいダイダイが目にとまり
今年はキチンとダイダイを飾ることができました

小さめの



で、キレーだったのは1個だけで
残った見た目イマイチの6個のダイダイは
果汁を搾ってポン酢にすることに

見た目イマイチ


皮の苦みが果汁に入らないように
果実の真ん中の皮をむき
そこから半分に切ります

皮の苦みが入らないように

見かけによらず
とてもみずみずしくって
ほのかにいい香りがします
やっぱし・・・
肝心なのは中身ですよねぇ~(^_^;)イロンナイミデ…

肝心なのは中身



たくさんの果汁が搾れました(^-^)b

たくさんの



ここに果汁と同じ量のお醤油を入れます

目分量でこれくらいかなっ?…と
適当に入れて、出来上がりでございます。。。

目分量で


ホントは鰹節や昆布を入れると
さらに美味しくなるようなんですが
初めてのだいだいポン酢作り
今日のところはこれくらいで
超簡単仕上げでまとめてみました

鏡餅を飾った30日に作って
お正月2日の夜、鍋料理だったので
このポン酢をつけて食べたんですが
味がまろやかになっていてとても美味しかったですンよぉ♪

今年の年末もまた、いやこれからは毎年
ミカンの代用ではなく
ダイダイを買おうと思った次第でございます
鏡餅とのバランスが多少悪くなっても
そんなことはまったく気にしませんデス

ちなみに
搾りかすの皮は乾燥させて
不織布タイプのキッチンの水切りゴミ袋に入れ
口をしっかと縛り
お風呂に入れてみました。。。

搾りかす


柚子の皮ほどではないまでも
香りも良くお湯がなめらかになって
結構楽しく入浴できました。。。


最後に私の入浴シーンで締めくくりたいところですが…
新年早々、縁起でもないと
お叱りを受けそうなのでやめときますネ。。。(^o^;)


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

  1. 台所しごと、あれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:16




年賀状2016 :: 2016/01/01(Fri)

明けましておめでとうございます

明るく楽しい一年でありますように
今年もよろしくお願いいたします


年賀状2016


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:26