風のまん中

アラ還夫とマイペース妻の風まかせな日々を適とーに綴っています。




鳴門鯛 :: 2012/12/30(Sun)
今年最後の日曜朝市

野菜などは貰ったものがいろいろありそんなに買うものはなかったのですが、
お正月用の鯛がほしくて行ってきました。


今週買ったのはこれだけ、
1買ったのはこれだけ

土砂降りの雨のせいなのか
いつもリンゴを買うお店が来ていませんでした。
かわりにお正月のしめ飾りの店が多く出ていました。


そしてこれが目当ての鯛です。

2一本釣り

少々小さめですが一本釣りの天然の鳴門鯛だそうです。


食べた後あの天然の証明ともいえる
「尻尾の骨の力こぶ」が見られるかも・・・


これは例によって、夫がさばいて
干物に・・・・・

ではなく、お正月の睨み鯛になります。


私が生まれ育った関西では
三が日の間は眺めるだけでお箸をつけないのが「睨み鯛」の慣わしだったのですが

ここ徳島に嫁いできて初めてのお正月、
元旦に睨み鯛を食べようとする夫に三が日の間は食べたらアカンし…
と言って止めた時
「そんなん聞いたことない、うちでは毎年元旦に食べてた
美味しいもんは美味しいうちに食べたほうがいい・・・」
と言い張り食べてしまいました。

徳島の家庭がみんな元旦から睨み鯛を食べるのか、夫の実家だけがそうなのか、
30数年経ちますが未だに確認したことはありません。
確かに、3日もおいたら味が落ちる…と意見にも一理ありますし・・・

というわけで我が家では元旦の朝から真っ先にお箸をつけます…(^_^;)



  1. 日曜朝市
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<年賀状 | top | 自家製:小鯛の干物>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://morinokumakun.blog.fc2.com/tb.php/32-22d32095
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)