風のまん中

アラ還夫とマイペース妻の風まかせな日々を適とーに綴っています。




編みかけのセーターが・・・間抜けすぎる話。 :: 2013/02/08(Fri)
身頃が終わり、片袖を編んでいる途中、
予想通りのかなりのスローペースなりにも、
何とかここまで進んだゼッ・・・って思っていたら

なんと(◎-◎;)

編み込み模様の色、間違ってるし~!

バカ!バカ!私,大バカ!

ここは白じゃなくてピンクでやんしょ・・・(>_<)!

1やっちまいました!

一瞬、このまま行っちゃおーか、自分のだし、
なんてこともチラッと考えたんだけど、
気を取り直してやり直すことに・・・


まず、ここで糸を切って

2ここで切る

上の、間違えていない模様編みの目を
残す為に棒針に移しながら

3切り離す

切り離していく

切り離し完了後、間違えた部分をほどき

ここからピンクの糸で編みなおします。

4やり直します

4段ほどの編み込みなのですぐに出来ました。

ヨシヨシ、さっき切り離した上の部分と繋ぎ合わせましょうね

5はぎ合わせま・・・

やれやれ、もうちょっとジャワイナ・・・


あっ!


6あっ・・・

ぐわぁぁぁ~

なんてこったい!!!

あきれてものが言えない・・・




何が起こったかというと、


もう写真を撮っているバヤイではないと、作業に専念したので、
5枚目の写真の使いまわしで説明すると、

7そうじゃなくて・・・


8こっちだろ・・・

という話です・・・

あ~間抜けすぎるぅ~


il||li▄█▀█●il||li


しばらくの放心状態を経て


再度、気を取り直しの


何とかはぎ合わせ終了、


9やっと出来ました

やっと、ほどく前のところまで戻ってまいりました・・・


そんなこんなで無駄に苦労しながらも、
昨夜、片袖が出来上がりました。




余談・・・
昔、10代の頃、編み物をしている私に
「両袖が仕上がってから、身頃に付けなさい。
 片袖だけ付けたままほっといたらあかんよ」
と、当時今の私よりも若かった母の言葉。

素直(?)な私はずっとその言いつけを守ってきました。

が、どんな仕上がりになるのか不安があったので
昨夜、とうとう母の言いつけに背いて
片袖だけ付けてみました。

不安だったところは何とか大丈夫だったんですけど・・・

えっ、
なんで片袖だけ付けたままほっといたらあかん…のか
ですか?

当時私も母に聞きました。
すると、ただ、「縁起が悪い」としか・・・

知らないことを素直に知らないと言えない母であります。
そのヤナDNAを立派に受け継いでいる私ですが…(^_^;)

でね、ネットでちょっと検索してみたんですネ、
そしたら、和裁とか洋裁でよく言われているようで、
中途半端で仕事を終わらせてはいけないという戒めからか、
片袖のまま放っておくと幽霊が出るんですって・・・{{(+_+)}}

「片袖幽霊」とかいろんな言い伝えから
由来しているらしいのですが、φ(..)メモメモ
はっきりとした明解な説に辿りつけないまま、
これ以上の調査を終えました。


だって、幽霊さんが来る前に早く早く
一刻も早くもう片袖、編み上げなくては・・・

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村


  1. ずぼらな妻の適とーな手仕事
  2. | trackback:0
  3. | comment:6



<<お知らせ | top | サヨリの干物>>


comment

頑張ってるね。
私、間違えたらほどいて編み直すのかと思ったら
こんな高度なテクニックがあったのね~
無事綺麗になって良かったわ。

やはり昔の言い伝えはそれなりに
理由があるのねぇ。
ということは、昔の人も途中で投げ出す人も
いたということか・・
森くまさん、頑張ってね~!!
  1. 2013/02/09(Sat) 18:38:27 |
  2. URL |
  3. ばたこ #-
  4. [ 編集 ]

ばたこ さん、こんにちは(^o^)

この度、‘森くま’もしくは‘くまくん’など、
‘様’付けでない呼び方をしてくださった方には、
さん付けで呼ばせて頂くという、
【掟】を勝手に作りました。
ばたこ さんはその記念すべき第一号になりますです(^^)v

高度なテクも何も、こんなのしたの、
何十年ぶり?って感じで
思い出すのに時間がかかって
しかもこの体たらくでしょ・・・
全部ほどいて編みなおしたほうが
早かったかも…て話でした…(^_^;)

幽霊さんがこないようにと、
今、結構頑張ってやってま~す
出来上がったら、
ブログに載せようという魂胆もありありでネ(^^ゞ
  1. 2013/02/09(Sat) 19:41:03 |
  2. URL |
  3. 森のくまくん #-
  4. [ 編集 ]

私もこういう間違いあるけど、編み直すことしか頭になかったです。
こんな技があるのね~メモメモ・・・・
直してるつもりが、二重の間違い・・・・これも経験ありますよー

凄く素敵な色合いのセーターですね。
ほとんど色を替えながら編み進めるわけで、なかなか時間もかかりそう。
私の歳になると、もうよほどの覚悟が必要な編み方です。
がんばってねー
  1. 2013/02/09(Sat) 21:01:37 |
  2. URL |
  3. エグランティーヌ #-
  4. [ 編集 ]

どんな作品が出来上がるでしょうか

今晩は
編み物楽しんでいられますね
両袖とも早く仕上げて作品をブログに
載せて下さい
待っています

昔海軍の水兵さんが編み物が上手だった
と聞いたことがありますが・・・
ホントでしょうかね
  1. 2013/02/09(Sat) 21:11:04 |
  2. URL |
  3. ぼん天棒 #-
  4. [ 編集 ]

エグランティーヌ 様、こんにちは

編み目と編み目をはぎながらつないでいくの・・・
何十年ぶりかでやってみて、
そんなに難しくないのに、すっかり忘れていて
思い出すのに時間がかかっちゃった
挙句の果てがこの始末…あせりました(^_^;)
でも、何とか無事直せてよかったです。

がんばりま~す。ありがとう。
  1. 2013/02/09(Sat) 22:08:33 |
  2. URL |
  3. 森のくまくん #-
  4. [ 編集 ]

ぼん天棒 様へ

>海軍の水兵さんが編み物が上手だった

こういうのを聞くと検索せずにはいられない、私、
調べてみました。
編み物のルーツは
北欧の漁師の防寒着にある・・・らしいです。
日本でも、戦後までは、長い船旅をする漁師や海軍の兵士に、
編み物をする人が数多くいた・・・んですって。

もっと詳しく調べてみたいところですが、
何しろ、私、ただ今取り込んでおりまして…(^_^;)

今度このネタで記事を書きたいところですが、
今日はこの辺で、
またセーター作りに専念します(^^)
  1. 2013/02/09(Sat) 22:33:02 |
  2. URL |
  3. 森のくまくん #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://morinokumakun.blog.fc2.com/tb.php/52-cff5b810
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)