風のまん中

アラ還夫とマイペース妻の風まかせな日々を適とーに綴っています。




梅干し作り。。。 :: 2013/05/30(Thu)
梅干しを漬けました。

2Lサイズの甲州小梅が4㎏。。。。
青いくて堅い梅より
ほんのり黄ばむ程度に熟したモノがよいです。
買ってきた梅がまだ堅い場合は
2,3日おいておくと熟してきます。。。


1甲州小梅4kg

塩は、少々高いですが、粗塩で・・・

普通の精製塩はただ辛いだけのとんがった味ですが、
粗塩だと口当たりがまろやかに美味しく仕上がります。。。

精製塩を普段からあまり使わないので、
比較はできませんが、
梅酢の上がり方も全然違うそうです。

土用干しの時、梅の手触りが何ともいえず心地よいのですが
あの ふかふかの感触は、粗塩の力では…と勝手に思っておりまする。


2粗塩18~20%

梅の重さの18~20%で・・・




まず梅を流水で丁寧に洗います。。。

3流水で丁寧に


水につけてアク抜き…7~8時間。。。
熟しすぎた梅なら3~4時間ほど

4-7~8k時間



ザルにあげて水切り
竹串でヘタを取りながら
1つずつ丁寧に拭いていきます

ヘタは残しておいても自然にとれますが
梅酢が濁り、味も悪くなります

水分が残っているとカビの原因になるので丁寧に…
といってもこれだけの量を一人では、ちょっと…

というわけで、ここから夫、参戦、
夜、8時頃からテレビを見ながら二人がかりで、

5夫、参戦

拭き終わった梅を、厚めの大きなビニール袋に入れ
ここにホワイトリカーを投入、量はいつも目分量なんですが、
だいたいコーヒーカップ半分くらい…かな・・・
多すぎると梅酢に粘りが出てベトベトになります。
梅を湿らす程度でいいので入れ過ぎに注意!

6袋に入れます。

でもって…
片方の手で袋の口を閉じるようにして握り、
もう片方の手でゆっくり、やんわり、上下左右に転がして。
ホワイトリカーをすべての梅にまんべんなくからめます。
☆梅の消毒になりますし、
☆梅の表面が濡れることで塩が一つ一つの梅にムラなくなじみます。



次に、ここに塩を分量の半分投入し、
先ほどと同じように
やさぁーしく、やさぁーしく
ナデナデするように転がして
すべての梅にまんべんなくまぶします。。。

7塩を入れて




次に、残っている塩の、1/3の量の塩を
保存する容器の底に敷き、
袋の中の梅を半分入れます。

その上にまた、残っている塩の半分を振り入れます。

8半分投入


残りの梅を全部入れ、
さらに残りの塩も全部振り入れまする。。。


9全部入りました


梅に塩が充分まぶされているので、
袋に残った塩は入れなくてもいいです。。。
☆-ここに残った塩の分だけ、減塩になります。

10これは捨てます

容器の内側や縁についた塩などは
ホワイトリカーをしみ込ませたキッチンペーパーなどで拭き取ります。
雑菌が入らないようにラップをして下漬け完了です。。。

夜、9時に作業終了して
翌朝、6時にはここまで梅酢があがってました。

11翌朝

重しなどしなくても
このように梅酢は上がって来るので
梅がつぶれるといけないので
今まで重しはしたことありません。

もしも、1日経っても梅酢があがらなかったら
その時は少し、重しをしたほうがいいかも・・・です。。。



二日目の朝には上まで梅酢があがり塩がすっかり溶けていました。。。

12翌々朝

ラップがたるんで見づらかったので
ピーンと貼りなおして撮りました。。。


あとは、きちんと蓋をして、日の当らない涼しい所に置き
赤シソが出回る時期まで待ちます。。。


以上、1994年6月号の「NHK-きょうの料理」を参考に
少しずつ自己流にズボラにアレンジしつつ、
初めて作り始めてから19年間1回も失敗したことがない方法です。



次の週くらいには梅酒用の梅が出回ります。
今のうちに、去年作った梅酒を別の容器に移し、
今年の分を仕込む準備をしておかなくては…

早いうちからきちんと準備しておけばいいものを
日にちが迫ってから、慌てまくっているこのテイタラク

夏休みの宿題を、8月31日の夜になっても出来てなくて、
「明日の朝、早く起きて、やるから…」
などとふざけたことを言ってた子供の頃から
まったく成長してない森クマでございます。


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

  1. 台所しごと、あれこれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:34



<<優先順位・・・ | top | 佐那河内の半鐘>>


comment

素晴らしい!!e-460
とってもわかりやすいよ!
やっぱりこまめな作業が必要ね。
私、一度梅干し漬けてみたけど
途中でカビが生えてきたことがあるの。
チョー適当だったからね。
森くまちゃんの方法だったら失敗なさそう!

私も梅が残ったらこの方法で作ってみるね。
  1. 2013/05/30(Thu) 21:58:11 |
  2. URL |
  3. ばたこ #-
  4. [ 編集 ]

我が家も減塩を心がけつつも、梅干が大好きです。
結婚式の引出物カタログでも、梅干を頼みます(笑)
引出物カタログって大体¥3000くらいの商品を扱っていることが多いようです。普段は梅干に¥3000出す勇気がない我が家なので…

しかし美味しそうな梅です。
  1. 2013/05/30(Thu) 22:18:23 |
  2. URL |
  3. tomhit #-
  4. [ 編集 ]

ふだんは梅酒しか漬けたことのない飲兵衛ですが。
梅干も意外と簡単にできそうですね。
そうそう、洗った梅をひとつひとつ拭く作業がいとしさ倍増ですよね。
ちゃんとおいしくなれよ~って声かけちゃいます。
やっぱり自分で手間かけた食材は裏切らない気がしますね。
さて、20年目の出来上がりはどうでしょうね~
  1. 2013/05/30(Thu) 23:06:17 |
  2. URL |
  3. redeyes #SFo5/nok
  4. [ 編集 ]

2年ほど漬けてないので 今年はつけようかな~と

思ってます・・・が。

森のくまくんさん夫婦共同作業で すんばらしいですネ。

赤紫蘇が出回るまで もう少しですね。

手が紫色になりますけど おいしい梅ができますようにって

あく取りしますよね。 クレソン梅干しババァですよ~。

ふにゃふにゃ もぐもぐ シワクチャクレソンでした~~。
  1. 2013/05/31(Fri) 00:12:02 |
  2. URL |
  3. プチ・クレソン #uprV2F6Q
  4. [ 編集 ]

おはうございます。

梅干作り、たいへんそうなので
やったことないです。

やりたい、でも、
失敗したら?

拝見させて頂き
来年には、挑戦してみたい?
  1. 2013/05/31(Fri) 03:59:21 |
  2. URL |
  3. がんばー #-
  4. [ 編集 ]

うわ~楽しみですね!

おはようございます~!!

毎年?!19年?!すごいすごい!!
良い主婦だわ~~!!!

私はむか~し2回ほどつけて断念してしまいましたわ!
でも、自分で漬けたほうが断然美味しいんですよね~~

今年は無理だから、来年。。。ん~~???

  1. 2013/05/31(Fri) 09:28:02 |
  2. URL |
  3. Majoru~ #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。
この作業で ズボラにアレンジですか?
すばらしいv-218 私漬けた事がないんです。
二人作業この時点でもう美味しそうe-429
  1. 2013/05/31(Fri) 10:29:04 |
  2. URL |
  3. なになに子 #-
  4. [ 編集 ]

そういえば昔,
祖母が梅干し漬けてました。
まだ子どもだったので,その美味しさはわかりませんでしたが,
もっと味わっとけばよかった!

私は梅干しは漬けたことはありません。
でも,梅酒は何度も作りましたよ~。
こっちのほうが好きかな(笑)
  1. 2013/05/31(Fri) 11:16:44 |
  2. URL |
  3. 次席家老  #aYn/cR1c
  4. [ 編集 ]

ばたこ さん、こんにちは。。。

作り方はね、毎年やってて
失敗知らず…なんだけど、
難しいのは、いい梅の見分け方…
傷とか大きさとかは見るんだけど
それ以外はよく分からなくって…
せっかく作っても梅の性質が悪くって
いまいちの出来だった時は本当にガックリ…

ばたこさんのお店の梅なら
絶対、間違いないね~
  1. 2013/05/31(Fri) 15:24:51 |
  2. URL |
  3. 森のくまくん #-
  4. [ 編集 ]

tomhit さま、こんにちは。

うちも家で作り始める前は、
市販のを買ってたんだけれど、
化学調味料のわざとらしい味のものが多くて…

塩しか使っていない昔ながらの梅干しは
やっぱり結構高いですもんね。。。

3000円の梅干し・・・我が家も同じく
自分ではとても買えません。。。(^_^;)
  1. 2013/05/31(Fri) 15:36:50 |
  2. URL |
  3. 森のくまくん #-
  4. [ 編集 ]

redeyes さま、こんにちは。

梅干しは手間はかかるけど、
作り方はいたって簡単…
でも、いい梅を選ばないと
せっかく手間暇かけて作ったものが
いまいちだったりして、
ガックリな年もあります。

今年の梅は、ちょっとイイ感じで
期待できそうなんだけど…
さて、どうなりますやら-☆
  1. 2013/05/31(Fri) 15:53:10 |
  2. URL |
  3. 森のくまくん #-
  4. [ 編集 ]

プチ・クレソン さま、こんにちは。

やっぱり、家で漬けた梅干しは格別ですよネ-☆
プチ・クレソン さんは全部ひとりで…?
大変!…そっちのほうがすんばらしいワァ~

うちは手を紫色に染めながらシソを揉むのも
夫にやってもらうんですよ…(^^ゞ
  1. 2013/05/31(Fri) 16:02:12 |
  2. URL |
  3. 森のくまくん #-
  4. [ 編集 ]

森くまさん もう漬けたんですね! (焦る~)

今日もスーパーで梅を見かけたんですけど
なかなか 質と価格のバランスがね・・・
安くていいものを狙って待ってるうちに 
梅の時期が終わっちゃうね(笑)

森くまさんは どのくらいの値段で買っていらっしゃるんですか?
(ごめんね、失礼なこと質問して)
  1. 2013/05/31(Fri) 16:07:19 |
  2. URL |
  3. おかっぱたこ #-
  4. [ 編集 ]

がんばー さま、こんにちは。

梅干し作り、作り方はいたって簡単なので、
時間と気力だけでしょうか(笑)

この方法は
梅をホワイトリカーで消毒するので、
失敗が少ないと思います。。。

あとは、梅を触る時に
水分や雑菌が入らないように
気をつけるだけです。

来年はぜひお試しくださいませ-☆
  1. 2013/05/31(Fri) 16:13:50 |
  2. URL |
  3. 森のくまくん #-
  4. [ 編集 ]

Majoru~ さま、こんばんは。

そう、自分で漬けた梅干しの味は格別ですよ~
過去2回の断念は、もしかしてカビ?
この方法だと梅をホワイトリカーで消毒するから
カビの発生の確率は少ないかも…
ぜひ、来年お試しくださいませ…☆
  1. 2013/05/31(Fri) 19:05:02 |
  2. URL |
  3. 森のくまくん #-
  4. [ 編集 ]

なになに子 さま、こんばんは。

アレンジしたのは、
重しとホワイトリカーの使い方ですぅ・・・
本では、
ホワイトリカーの分量が明記されていて
それを霧吹きで梅に吹きつけろと…
面倒なので直接投入したところ、
明記されてた分量だと多すぎて
梅酢が粘ついてしまいました(>_<)!

それと、重しを何種類か用意し、段階を経て
重さを軽くしていくようにと…
でも、梅干し作り大ベテランの母いわく
梅がつぶれるから重しはないほうがいい…と
という事で、重しも省くことに・・・

手間を省くほうにアレンジするのは得意なんです(^^)v
  1. 2013/05/31(Fri) 19:23:32 |
  2. URL |
  3. 森のくまくん #-
  4. [ 編集 ]

次席家老  さま、こんばんは。

梅酒、美味しいですよねぇ~
うちも梅干しとともに梅酒も作ります(^^)v
ベースはホワイトリカーのほかに
(梅酒用の)ブランデーでも作ったり、
氷砂糖ではなく黒糖で作ったり、
あれこれしましたが、
やっぱり、シンプルに
ホワイトリカーに氷砂糖という
基本に戻ってきました-☆
  1. 2013/05/31(Fri) 19:32:34 |
  2. URL |
  3. 森のくまくん #-
  4. [ 編集 ]

おかっぱ さん、こんばんは。

今回の甲州小梅は
毎週日曜に開かれる朝市で
1㎏で450円也、を4㎏購入しました。
近くのスーパーだと800円以上はする筈…

この朝市には多くの業者が店を出していて
4㎏の箱売りで
1000円以下の安いだけの粗悪品から
2000円~3000円くらいの
手の届く範囲でそこそこいい物まで
いろいろな梅が売られているんだけど、

梅干し作りを始めたばかりの30代の頃、
安物に手を出して痛い目にあって以来、
品質にはこだわるようになりました。。。

せっかく作ったのに、出来が悪かったら、
それまでにかけた手間暇が勿体ないですもんネ。。。
  1. 2013/05/31(Fri) 20:08:55 |
  2. URL |
  3. 森のくまくん #-
  4. [ 編集 ]

梅酒大好きで~~~す!
でも、梅干しはちょっと苦手で。。。
紀州の南高梅しか食べれない
しかも、はちみつ味オンリー~~~

…って、どうでもええ話やなぁ。。。。。
しっつれいしました~
  1. 2013/05/31(Fri) 20:16:22 |
  2. URL |
  3. 谷口冴 #-
  4. [ 編集 ]

谷口冴 さま、こんばんは。

紀州の南高梅・・・
そりゃぁ最高級だぜっい!
はちみつ味・・・
聞いたことあるけど食べたことないわン。。。

梅酒は美味しーよね(^-^)b
うちの梅酒は南高梅で作るんだぜいっ!
紀州産じゃあ…ないけどね。。。(^_^;)
  1. 2013/05/31(Fri) 21:05:58 |
  2. URL |
  3. 森のくまくん #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして、いつも読み逃げ失礼いたします(^^;

主人が梅干しを漬けて欲しそうに言います、毎年母の妹がつけてくれてますが、叔母も歳をとってきたんで母が今年は頼まないそうです。と言う事はウチにおこぼれも無しです。

「梅干しを漬けるのは恐いねんで、失敗したら悪いことが起きる」と人が言うんでひるんでおります(--;
漬けてみたいような、失敗が恐いような・・・
どうしましょe-351
  1. 2013/05/31(Fri) 23:42:07 |
  2. URL |
  3. nio3 #-
  4. [ 編集 ]

また、富士山の噴火、、じゃなくって~日の出がいっぱい作れるねp(^^)q
  1. 2013/06/01(Sat) 00:07:25 |
  2. URL |
  3. ふくママ #-
  4. [ 編集 ]

nio3 様、はじめまして。。。

コメントありがとうございます。

私は小さい頃から
母の梅干し作りを見慣れていたので、
割と気軽な気持ちで始めましたが、
‘失敗したら悪いことが起きる’
なんて言い伝えがあるんですね・・・
知りませんでした(^^ゞ

失敗する原因のほとんどは
カビの発生だと思うんですが、
梅干しは作り方自体はとても簡単なんですけど、
カビを発生させないように、
細心の注意を払って扱わなくてはいけないので
その分、手間暇がかかります。。。

好きでないと出来ない作業だとは思います。。。

私もいつも、黙って立ち去り、失礼しております。
見に来てくださるだけで十分光栄です。
また、気軽に覗きにきてくださいネ-☆
  1. 2013/06/01(Sat) 12:41:06 |
  2. URL |
  3. 森のくまくん #-
  4. [ 編集 ]

ふくママ さま、こんにちは。

前に、富士山おにぎりに乗っけたのは
梅干しがデカ過ぎて‘噴火’になっちゃたけど

今回のは小梅だから、
チョードいい具合に‘日の出’になるかな、
でも、インパクトが足りないかも・・・

この後、大きい梅でも作るので、
‘噴火’と‘日の出’両方作っちゃいましょうかネ。。。(^-^)b


  1. 2013/06/01(Sat) 12:50:31 |
  2. URL |
  3. 森のくまくん #-
  4. [ 編集 ]

こんにちわ、久し振りの訪問で~す。
パソコンぶっ壊れ、なしの2か月間は確かに不自由でしたが、、
くろすけの肉体は幸い頑強な様なので何とか慎ましやかに?生きておりました・・・。
空白を埋めようと今一気にブログ読み上げました。
相変わらずの聡明な主婦ぶりに、かがみ、鏡・・・と感心し、
笑いのツボを押さえるところも相変わらずの森くまマジックのスパイスが効いていて、これまたふふっ・・・と口元がほころびました。

梅干しは亡母もよく漬けていましたが、くろすけは遊び人の父親のDNAを受け継いだらしく、まだ1回も漬けた事がありません。
やはり、手作りに勝るものはないですよねぇ・・・。
※古い油に梅干し・・・今度からやってみま~す。i-278

  1. 2013/06/01(Sat) 18:20:13 |
  2. URL |
  3. まっ黒くろすけ #-
  4. [ 編集 ]

まっ黒くろすけ さん、こんばんは。

くろすけさーん、お帰りなさいw(^o^)w
先ほどのくろすけさんへのコメントで
タイトルで絵文字使えないみたいで、
文字表記になってしまいました…<(_ _)>

でも、ホントに長い2ヶ月でしたよ~
最初のうちは、どこかに長期の
お出かけなんだろうと思ってたんですけど、
更新がない日が長くなるにつれ、
もしかして何か、容易ならざる事態が…
などと陰ながら案じておりました。

パソコンの故障などであってくれますようにと
願っていた通りの結末でホッとしております

新しいパソコンの使い勝手はどうですか?
慣れるまでしばらく時間がかかるでしょうが、
ボチボチでもいいので、
新しい記事楽しみにしていますo (^0^) o
  1. 2013/06/01(Sat) 20:09:27 |
  2. URL |
  3. 森のくまくん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

森のくまくんさん
その節は、ありがとうございました m(_ _)m

ゆっくりやすみましたら、いつのまにか元気が回復いたしておりました。また、ちょくちょくおじゃまさせて頂きます。

梅干のじきなんですねー、いつの間にか・・・
そうですよね、先日、はじめてラッキョウを漬けました。
国産でしたから、これは自分でつけたほうが絶対にいいと思って。

長いこと主婦をさぼっていたお詫びに、主人の好物に挑戦してみました (^^;
  1. 2013/06/02(Sun) 02:47:45 |
  2. URL |
  3. つるりんどう #-
  4. [ 編集 ]

すごいですね・・・梅干しをつけていらっしゃる過程を初めて見ました。
日本にいる間は祖母がつけてくれたものを当たり前のように食べていましたが、やはり手間隙がかかっているんですね・・・!
勉強になります。
よいものをありがとうございます★
  1. 2013/06/02(Sun) 04:07:48 |
  2. URL |
  3. Tommy25 #-
  4. [ 編集 ]

毎年、梅干しを貰うのですが
こんなに手間をかけて作るのですね(ビックリ!)
これからは友人に感謝して
毎日主人のお弁当のおにぎりに入れて
有難く頂きます(笑)
  1. 2013/06/02(Sun) 09:22:41 |
  2. URL |
  3. ピーチ #-
  4. [ 編集 ]

つるりんどう さん、こんばんは。

こんばんは。少しは落ち着かれましたか?
私も、去年の暮れに愛犬を亡くしましたが、
半年経った今でも毎日思い出しています。。。
家のあちこちの愛犬の居た空間に、
あの頃の空気がまだ残っているようです。

当初は思い出すと辛くて
涙が出てくることのほうが多かったのですが
今では、パソコンに残っている写真を眺めては
癒されている日々を過ごしています。。。

つるりんどうさんも今はまだ
辛いばかりの日々かとは思いますが、
もう少しの時間だけご主人に甘えさせてもらって
ボビー君の思い出にひたっていてもいいかと…

生意気言ってごめんなさい。。。
どうしても自分のことと重なってしまって<(_ _)>

私も、またちょくちょく
お邪魔させていただきますね-☆
  1. 2013/06/02(Sun) 22:56:55 |
  2. URL |
  3. 森のくまくん #-
  4. [ 編集 ]

Tommy25 様、こんばんは。

コメントありがとうございます。

梅干しの作り方について・・・
専門的な知識のある方のブログにはとてもかなわない、
素人の主婦が、自分はこうしてます。。。
っていうだけの何気ない記事でしたが
これで日本の梅干しを懐かしく
思い出していただけたならとても光栄です。

梅干し作りはホントに手間がかかりますが、
その手間暇を楽しみながら毎年続けてます。
Tommy25 様のおばあ様もきっとそうだったと思いますよ-☆


  1. 2013/06/02(Sun) 23:24:08 |
  2. URL |
  3. 森のくまくん #-
  4. [ 編集 ]

ピーチ さん、こんばんは。

私がそうだからって、
言うわけじゃあないんだけど、
梅干し作るのって手間はかかるけど
好きでやってる人多いと思う…

だから、「美味しいわ!」
って言ってくれるだけでもう満足なのよ(^-^)b
ピーチさんのお友達もきっとそうだと思うわ-☆
  1. 2013/06/02(Sun) 23:39:58 |
  2. URL |
  3. 森のくまくん #-
  4. [ 編集 ]

過去に何回か挑戦したけど これってのに出来上がってないので
今回は 森のくまくんさんの方法で 挑戦しました
良くわかる説明で 私でも 失敗せずに出来そうだなって
見させてもらったときに思いました
今日は この記事を確認しながら しました

赤紫蘇を入れるときもアップして下さいね
楽しみに待ってます
  1. 2013/06/09(Sun) 22:53:03 |
  2. URL |
  3. myi. #-
  4. [ 編集 ]

myi. さま、こんにちは。

コメントありがとうございます。。。

的確な表現方法が見つからず
言葉足らずなところも多々あった記事ですが、
myi. さまのお役に立てたのなら、
すごく嬉しく光栄に思います。。。

昨日、いい赤紫蘇が手に入り
さっきまで葉っぱをむしり取って洗ってました
今晩、塩もみして漬けこむ予定です。。。

写真を整理したり、間違ったことを書いていないか、
などを検索しながら文章を書いていくので、
記事を更新できるまで少し時間がかかります。

myi. さまに、喜んでいただけるような
記事になればいいのですが・・・
  1. 2013/06/10(Mon) 15:41:27 |
  2. URL |
  3. 森のくまくん #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://morinokumakun.blog.fc2.com/tb.php/95-7cdc47c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)